複数会社混載により更なるコストパフォーマンスを実現する大友運送

HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

事業の歴史

1933年

友野滝蔵は【友野組回漕店】として個人事業を創業。
1963年7月 太平洋戦争後、経済発展に伴い、陸送業に転じ昭和38年7月に業容拡大して法人化【大友運送株式会社】の誕生。
1964年1月 名古屋大友運送(株)、2月大阪大友運送(株)と広域化する運送需要に応えるべく法人設立。
1965年4月 横浜大友運送㈱を関連会社として設立。
昭和高度成長期 自転車、オートバイ部品を手掛ける。
1983年3月 福岡・竹村運送の営業免許を取得し、九州大友運送㈱とする。
昭和後期 自動車部品も手掛ける。
平成初期 ハンガー輸送や部品輸送が主体となる。
1996年11月 各法人を統轄統合し、現在の大友運送(株)として全国区の業態となる。
平成中期 建機、産機部品の調達物流に着目する。
現在 自動車、建機、産機部品に特化し倉庫関連業務も強化。

沿革

2010年10月 群馬営業所を移転
2011年4月 岡山営業所を開設
2011年8月 土浦営業所を開設
小松営業所を移転
相模原ロジスティックセンターを開設
2012年7月 伊勢崎ロジスティックセンターを開設
小牧営業所を移転
2012年10月 神戸営業所を開設
ひたちなかロジスティックセンターを開設
ひたちなか営業所を移転
本社を移転
厚木営業所を移転
2013年5月 古河営業所を開設
2013年8月 北上営業所を開設
仙台営業所を開設
2013年11月 千葉営業所を開設
2013年12月 豊橋営業所を開設
2014年1月 松戸営業所を千葉営業所と統合し、移転
2014年4月 三菱重工業株式会社様より、特別賞を受賞。
相模原ロジスティックセンターが物流コストの大幅削減に寄与した功績により、三菱重工業株式会社様より特別賞を受賞。
2014年9月 太田ロジスティックセンターを開設
2015年2月 資本金を1億円に増資
2015年4月 日立オートモティブシステムズ株式会社様より、特別賞を受賞。
日立オートモティブシステムズ株式会社様より、調達ミルクラン拡大により物流改善活動へ貢献したとして、特別賞を受賞。
2015年11月 広島五日市ロジスティックセンターを開設
京都営業所長岡京倉庫を開設
京都営業所を移転
2016年5月 千葉ロジスティックセンターを開設
千葉営業所を千葉北倉庫に名称変更
2016年8月 加須営業所を移転
埼玉営業所に名称変更
2017年6月 滋賀営業所を開設
2018年11月 東名厚木営業所を開設
2018年12月 神戸営業所第2倉庫を開設

お問い合わせ