複数会社混載により更なるコストパフォーマンスを実現する大友運送

HOME > 品質・環境への取り組み > 環境マネジメント

環境マネジメント

環境への取り組み

大友運送株式会社は、自動車部品・建設機械部品・産業機械部品をはじめ日本のものづくりを支える「部品調達のインフラ企業」として、そのネットワークの運用システムを常にレベルアップし、広く社会に貢献することを「経営理念」とする。
当社は、環境問題への対応を最重要課題と認識し、環境の調和に配慮した事業活動を推進することに努める。
運送活動における使用自動車のNOX・PMの低減、交錯輸送、片荷運行の低減、混載中継物流及び技術的かつ経済的に可能な限りの創意工夫を行い、環境保全に努める。
環境方針を達成するため環境に著しい影響を与える側面を中心に「環境目標」を設定し、継続的な環境負荷の低減を図るため環境マネジメントシステムを構築し、以下の行動方針を定め活動を実施する。

  • 事業活動に係わる環境側面を的確に捉え、環境汚染の予防に努めるとともに、グリーン経営に準拠した環境マネジメントシステムを推進し、継続的に改善を図る。
  • 環境に関連する法規制、条例、協定等を遵守するため自主管理基準を設定し、環境保全に努める。
  • 産業廃棄物の最小化を目指し、リサイクル化を促進する。
  • 軽油及び電力や水等エネルギーを有効利用し、省エネルギー省資源に積極的に努める。
  • NOX・PM、廃油等の環境汚染物質の漏洩を防止し、汚染の予防に努めると同時に使用量の削減を図る。
  • 上記を実施するために環境目的を設定し、確実に実施した上で定期的又は状況の変化に応じて見直しを行う。
  • 環境方針は社会への責任を示すものであり、意識向上を図るため全従業員に周知すると共に、関連する取引先にも伝達し、理解と協力を求める。この環境方針は社外の要求、その他必要に応じ開示する。
環境方針

お問い合わせ